いぼ治療のために│種類と原因を知って治療しよう

いぼのレーザー治療

婦人

液体窒素による治療では痛みが強く、治療を断念してしまう人などもいます。レーザー治療は局所麻酔を利用するため痛みが少なく済みます。ここではいぼの治療に利用されているレーザー治療の大まかな流れを紹介しています。

詳細へ

老人性いぼを治療する

ナース

老人性いぼは皮膚の老化現象の1つで脂漏性角化症とも呼ばれています。直射日光からくる紫外線が大きな理由となるので注意しましょう。治療には施術と並行して、紫外線対策や生活習慣の見直しが効果的です。

詳細へ

いぼの種類と原因を知る

診察

いきなりいぼができてしまったという経験をしたことがある人も居るでしょう。いぼは痛みがないため、できていても気付くのに時間がかかる場合が多いです。いぼにも種類と原因があって、まず大きく分けて「ウイルス性」か「紫外線の影響や加齢によるもの」に分かれます。ウイルス性の場合、傷口からウイルスが入ってしまったいぼになります。ウイルス性のいぼは感染してしまうため、早急な治療が必要です。治療をせずに放っておいてしまうと、身体の他の部位に広がってしまうことや他人が感染してしまう場合があります。一般的な症状として出やすいのが尋常性疣贅です。手足の関節など接触の多い場所にできやすいのが特徴です。接触の多い場所は擦ったり怪我をしたりしやすいからだと考えられています。多くのいぼは硬く突起しており、円形をしています。発生当初は小さく半透明なため気付かないことも多いですが、次第に大きくなり、表面が削られてざらつくようになります。この他にも、日常生活で室内を裸足で過ごす人は足底疣贅になりやすいです。足底疣贅は尋常性疣贅と組織自体は一緒ですが、足の裏に発生するためにいぼの部分がめり込み、その周りを角質化した皮膚が覆うような状態になっていることが多いです。厄介なものでは、水いぼがよく挙げられます。比較的に柔らかく弾けやすいいぼで、複数同時に発生する場合がほとんどです。柔らかいいぼが破けることでウイルスが飛散するため、他人と接触しやすい銭湯やプールでの感染例がよくあります。また、性器にできてしまういぼもあります。性器にできてしまういぼは尖圭コンジロームといって、性病としても扱われています。
紫外線の影響や加齢によるいぼは、「老人性いぼ」といいます。加齢に伴って皮膚が老化していく事でできやすくなってしまう他に、多量の紫外線を浴びることで若くても老人性いぼができてしまうことがあります。人の身体は、紫外線を浴びるとメラニン色素が分泌され、紫外線が底皮層まで届いて悪影響を与えないようにガードしています。しかし、新陳代謝が悪かったり、多量の紫外線を浴びたりすると、ガードをするために分泌されたメラニン色素がうまく身体から排出しきれなくなって色素沈着のようなしみになります。このしみが膨らんでいぼになってしまうのです。ウイルス性のいぼが手足の関節にできやすいのに対して、老人性いぼは顔や首などにできやすい傾向があります。

抗がん剤によるいぼ治療

女の人

ウイルス性のいぼ治療は液体窒素やレーザー治療が一般的ですが、抗がん剤を局所注射することによって治療をするという方法があります。液体窒素やレーザー治療で改善しない場合は、検討してみてはいかがでしょうか。

詳細へ

顔いぼは感染するか

医者

顔いぼはウイルス性でも他人に移りにくいものです。ですが、自身で感染が広がってしまう可能性があるため、早めの治療を心がけていきましょう。老人性いぼは感染の心配もない良性のものですが、コンプレックスのために治療をする人も少なくありません。

詳細へ

顔にできるいぼの特徴

ウーマン

老人性いぼは治療が必須というわけではない良性のものです。しかしながら、同様に直射日光が原因となって発症する老人性角化症や悪性黒色腫は、危険性があるために早期発見、治療が必要なものとなります。

詳細へ

To Top